ロゴ

不要なブランド品やダイヤは売るべし!

ブランドには流行があります。当時はよく使用していたブランド品でも、自分の気持の中で流行が終わってしまえばクローゼットの中にしまわれたままの品がたくさんあるかもしれません。宝石も同様、ネックレスやイヤリングのデザインには流行があります。気がついたらジュエリーボックスの中にしまわれたままでは、せっかくの価値ある宝石がもったいないです。使わずにしまわれたままのブランド品やダイヤは買取業者に買取ってもらえば、お金に変わります。また、不要な品物を売ることでクローゼットがスッキリ片付きます。

バッグやダイヤを売りたいならブランド買取店など業者を頼ろう

宝石

優良な買取業者の見極め方

買取業者はたくさんのお店の種類があります。また、お店によってブランド品を専門に取り扱っているお店、時計が専門、ダイヤモンドが専門など、強みがそれぞれあります。ブランド買取をしてもらう前には、事前にインターネットでお店の特徴や口コミを見ておくと良いです。
優良な業者かどうかを見分ける時には、店頭で買取をしてもらう時に、査定員の行動をしっかり確認することです。品物をトレーなどの上に置いて丁寧に扱ってくれるか、また査定額を算出した時の根拠を説明してくれたり、ちゃんと知識がある人が査定をしてくれているかで優良店かどうかが判断できます。

電卓

査定の種類

ブランドやダイヤなどを買取ってもらうときにはいくつかの査定の種類があります。店頭で査定をしてもらう方法、宅配で査定をしてもらう方法、出張査定、インターネットで査定などの方法です。
宅配査定は店舗に行く時間が無くても、業者のホームページなどから梱包キットを取り寄せて、品物を詰めて返送します。
出張査定は、査定員が自宅まで査定をしに来てくれるので、買取希望の品数が多いときには便利です。インターネットによる査定では、品物の画像をメールに添付するなどして、業者に査定依頼をする方法です。

指輪

ブランド買取査定のコツ

ブランド品の状態の良し悪しにかかわらず、タバコや香水など匂いが付着しているものは買取ってもらえない可能性が高いです。査定前には匂いにも注意しながら、ブランド品をきれいにしてから査定に臨むと良いです。
また、並行輸入品の中にはコピー品がたくさん存在しているので、並行輸入で買ったことがわかると査定自体をしてくれない業者もあるので注意が必要です。

虫眼鏡とお金

買取手続きの際に必要な書類

買取手続きのときには、運転免許証やパスポート、健康保険証などの身分証明書が必要です。これは、古物営業法という法律で義務付けられています。また、買取業者が用意する「買取承諾書」に署名が必要です。
ブランド品を査定してもらう時には、ブランド品を購入した時に付いてくる「ギャランティカード」など、その品物に付いてきた付属品は全て提出する必要があります。ギャランティカードがあることでブランド品が本物である証明になるからです。

高額査定が期待できるアイテム

アクセサリー

シャネルマトラッセMM

シャネルはいつの時代でも多くの女性が憧れるブランドです。その中でも、「これぞシャネル」というイメージが定着しているマトラッセMMは高額買取が期待できます。

エルメスバーキン

高級バッグブランドのエルメスでは、バーキンやケリーの人気が高いです。その中でも、バーキンの黒は非常に高い人気を誇っているため、高額買取が期待できそうです。

プラダサフィアーノ

プラダのバッグは革製、布製どちらも一定の人気があります。プラダのバッグ、サフィアーノは女性らしいデザインと色使い、持ちやすい形が人気の品です。

ロレックスデイトナ

高級腕時計メーカーのロレックス。その中でもデイトナは憧れのモデルの代表格です。デイトナは常に品薄状態で希少価値が高く、高額買取につながりやすいです。

カルティエラブブレスフルダイヤ

フランスの高級宝飾時計ブランドのカルティエ。カルティエの時計の人気は常に高いです。そのカルティエのラブ・コレクションの中のラブブレスレット、フルダイヤ仕様はダイヤの価値とラブ・コレクションの人気の高さから高額買取が期待できそうです。